文化財を守る 震災に備えるー文化財の耐震化ー

第六回シンポジウム
文化財を守る 震災に備えるー文化財の耐震化ー

日時 平成20年9月27日 午後1時〜4時30分(受付12時30分〜)
会場 大日本報徳社 大講堂
静岡県掛川市掛川1176番地
電話 0537−21−1158

主催 静岡県教育委員会 静岡県文化財保存協会 財団法人伊豆屋伝八文化振興財団
共催 静岡県博物館協会
協力 掛川市教育委員会 社団法人大日本報徳社
募集定員 150名(先着順) 受講料 無料 申込方法 ハガキ・FAX・Eメールに住所、氏名、電話番号をご記入の上、下記までお送り下さい。

〒420-8601
静岡市葵区追手町9番6号 静岡市教育委員会文化課内
静岡県文化財保存協会事務局
FAX:054-250-2784
Email:shizuokabunka@gmail.com

●開催趣旨
平成7年1月の阪神・淡路大震災では重要文化財29棟を含む95棟の指定文化財建造物が被害を受け、その後の中越地震(平成16年3月)でも多くの文化財が被災しています。
東海地震に加え、当南海・南海地震発生の切迫性が指摘されている本件においても、文化財の安全確保は、見学者等の生命及び身体の安全確保、文化財の保護、国土景観の保全等の観点から緊急の課題となっています。
第6回となる後援会「文化財を守る」では、大地震に大しての所有者、行政、文化財関係者の役割、文化財の価値を損なうことなく耐震性を向上させる手法等について考えます。

Copyright(c)2007 静岡県文化財保存協会