歴史と文化教養講座のご案内

今年4月にリニューアルオープンした佐野美術館。その第4弾となる展覧会が「生誕200年記念清麿展-幕末を駆け抜けた孤高の刀工-」です。江戸時代末期に活躍した刀工として現在最も人気の高い源清麿。その地鉄の澄んだ柔らかさと刃文の躍動感は、鎌倉時代の名工「正宗」にちなんで「四谷正宗」とも呼ばれ、幕末当時から高い人気を誇りました。兄真雄とともに18歳で手掛けた脇差にはじまり、もっとも勢いのある円熟期の作品、そして42歳で命を絶つ直前の絶作までを時代ごとに鑑賞します。

今回は保存協会創立50周年特別イベントとして、鑑賞前に保存協会限定の特別講演を渡邉妙子館長にお願いし、展覧会のみどころや清麿の生涯を御紹介いただきます。人の心を捉えて離さない清麿の魅力を存分に感じてください。

日  時  平成25年10月5日(土)10:00~16:00頃
集  合   9:50 佐野美術館
日程(予定) 10:00 特別講演会 講師 渡邉妙子氏(佐野美術館館長)
      12:00 昼食
      13:00 展覧会鑑賞
      15:00 三嶋大社 ※展覧会を堪能した後は…三嶋大社までお散歩。久しぶりに
               じっくり建物や宝物館を見学。
               学芸員さんに御案内いただきます。
      16:00 解散

定  員  50名(先着順)
参 加 費  会員2,000円(入館料、昼食代、資料代等含む)
申 込 み  ①郵便番号、②住所、③氏名、④電話番号をお書きの上、
      往復ハガキまたはメールにて、下記宛先までお申込み下さい。

申込先 〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6 県教委文化財保護課内       静岡県文化財保存協会事務局「歴史と文化教養講座」係 Eメール shizuokabunka@gmail.com
締  切  平成25年9月30日(月)必着 お問合せ  054-221-3159 文化財保存協会事務局 山田 

Copyright(c)2007 静岡県文化財保存協会